NEWS

NEWS

最新情報をお伝えします。

常総市舗装完成

2024年5月7日|

先日、常総市の舗装現場が完成しました。 検査前に現場を綺麗に掃除して検査に挑みました。 この現場は工事予告を前もって掲示したり、警察の協議を行い 通交止めで施工が出来た為、ジョイントがなく 非常に舗装が綺麗に仕上がりました。 検査では現場も書類も指摘もなく高評価でした。  

下辺見道路改良工事 (完成)

2024年4月20日|

先日、下辺見改良工事の検査が無事終わりました。 下辺見の現場では、ICT施工を積極的に活用したことにより 道路の平坦性や防草コンクリートの出来映えが、かなり良く仕上がりました。 発注者や元請け業者からも大好評でした。 弊社では、ICT建機を導入しデータなども自社で作成しております。今後もICT施工を積極的に取り組んで行きたいと思います。 防草コンクリートも2500m2以上有りかなり苦労しました。  

下辺見道路改良工事 (舗装編)

2024年4月9日|

先日、9月から着手している下辺見道路改良工事の舗装を行いました。 幅員が7.0mあるので、普通のAF(アスファルトフィニッシャー)では一度に施工できませんでしたので 弊社では、アスファルトフィニッシャーを2台で並べて施工するか等色々な意見が飛び交いました。 2台並べての施工でホットジョイントで施工しても必ずジョイントが目立つ事が懸念されます。 なので一度に施工でき尚且つジョイントが目立たなく、平坦性を良くして現場をきれいに完成させたい思いで アスファルトフィニッシャー(フェーゲル)を導入し施工しました。 フェーゲルは、普段、滑走路や高速道路等で活躍する機械なので普段ではあまり見ない機械だと思います。 結果、7.0m幅員道路を一度で施工でき、ジョイントがなく平坦性のかなりいい道路が出来上がりました。 皆さん下辺見の道路が開通したら是非走行して見てください。

ICT施工(路盤編)

2024年4月4日|

ICT施工(土工編)に引き続き上層路盤の仕上げを 通称:BOBCAT(ボブキャット)という機械を使いICT施工を行いました。 写真の通り、近辺では見かけない機械なので、発注者やお客様などに高評価です。 機械の見た目だけではなく、TSを使っての、ICT施工なので非常に制度が良く ㎜の誤差しかないほど優れた機械です。 路盤の仕上がりが舗装の仕上がりになる為、非常に平坦性が良い道路が完成します。    

ICT施工(土工編)

2024年4月2日|

弊社では、ICT施工を通じて 代理人の負担軽減と、人件費の削減を行うことに取り組んでいます。 法面整形も手元いらずで施工でき、素晴らし出来映えでした!! 又、重機内にモニターがあり、図面が出てくるため非常に施工しやすいです。